宇都宮大学に留学を希望する皆さま
留学生・国際交流センターTOP > タイ・宇都宮大学サテライトオフィス

タイ・カセサート大学に宇大サテライトオフィスが開設されました

 宇都宮大学の交際交流の発展に向けた初めての海外拠点として,平成29年度にタイ国のカセサート大学キャンパス内にサテライトオフィスが開設されました。10月には石田学長も出席して,開設記念式典が開かれました。
 サテライトオフィスには,交換留学や研究目的でカセサート大学やその他のタイの大学に留学している宇大学生の支援,宇大教員によるタイでの共同研究や現地調査研究の支援,在タイ宇大同窓生(タイ人及び日本人)の同窓会活動の支援,宇大の教育・研究活動の広報,タイからの留学生の勧誘など,多様な活動・任務が期待されています。
 カセサート大学はカセサートの名称が農学・農業系科学を意味することから,農学を出発点としながらも,自然科学全般から工学,さらに人文・社会系学部を含む総合大学で,タイにおける最有力大学のひとつです。宇大にとってはもっとも古い国際交流協定締結校のひとつであり,もっとも活発な学術交流の実績をもつ大学です。20名以上のタイ人留学生が宇大で修士あるいは博士の学位を得ているほか,数十名のタイ人学生が交換留学や教員研修などで宇大で学ぶとともに,宇大からの交換留学生派遣も毎年3名程度の実績を示してきました。大学院修了生の多くは有力大学の教員として働いており(カセサート大7名,キングモンクット工科大,タマサート大など),とくにカセサート大の副学長(2名)やキングモンクット工科大の副学長など,まさに重要な役職で活躍されている人材が輩出しています。さらに,農学部森林科学科では,毎年両大学で相互に学生研修を実施しています。
 こうした経緯からサテライトオフィスをカセサート大学(農学部本部棟内)に設置することになりましたが,交流の対象はカセサート大学にとどまらず,他の交流協定締結校(AIT,キングモンクット工科大)はじめ他大学も可能な限りカバーすることになっています。
 サテライトオフィスの運営については,特命教授(国際交流担当)を拝命した本稿筆者の後藤が現地での実務を担当しています。常時駐在しているわけではありませんが,適宜バンコクに滞在してサテライトオフィスの運営・活動に当たっていますので,タイでの現地調査研究や共同研究の実施・計画等がありましたら,遠慮なくご連絡ください。なにかとお手伝いできるかと思います。ともあれ,せっかく設置した海外サテライトオフィスですので,いろいろと活用していただきたいと思っています。