宇都宮大学に留学を希望する皆さま
留学生・国際交流センターTOP > 留学するときの心構え

1.留学するときの心構えについて

 自分の育った文化環境から離れて日本で新しい生活を始めることは、想像以上にさまざまなストレスを伴うものです。異なる文化習慣や言葉の壁、行動パターンの違いなどを日々体験するわけですから、最初はとまどうかもしれません。そうしたストレスから心理的ショックを受け、自信を喪失してしまう人も少なくありません。
しかし異文化との適応過程においては、これは誰でも経験することなのです。焦らずにじっくりと構え、文化環境の違いを楽しく思えるようなおおらかな気持ちで生活していきましょう。また、悩んだときには気軽に友人や先生、アドバイザーたちに相談することをお奨めします。一人で悩むよりも、話すことで気持ちが楽になるものですよ。

2.教室文化・アルバイト

 文化によって、価値観や行動パターン、コミュニケーション方法が異なることはよく知られていますが、学校文化や教室文化の違いについては見落とされがちです。同じ大学内でも学部や教室の違いによって、さまざまな習慣があり、人間関係のあり方も異なっています。日本の大学に慣れ、留学目的をきちんと果たすためにも、教室文化の違いにも気をつけましょう。
また、「留学」とは、就労が認められない在留資格のことを指します。したがって留学生が学費その他の必要経費をまかなうためにアルバイトを希望するときには、事前に資格外活動の許可を受けなくてはなりません。この許可を受けずにアルバイトをしたり、許可された範囲を超えてアルバイトをしたりすると、処罰の対象になってしまいます。場合によっては強制退去の対象ともなりますので、十分な注意が必要です。

3.先輩留学生からのメッセージ

現在準備中です。