インフォメーション

インフォメーション

【重要】再入国許可を有する留学生の再入国手続きについて

2020年8月28日、日本国政府は、8月31日までに再入国許可(みなし再入国許可を含む)をもって出国した在留資格保持者(※少なくとも、再入国時点で有効な在留カードを既に持っていることが必要です。)で所定の手続を経た者に対し、入国を認めることを決定しました。

再入国に際しては、滞在国に所在する在外公館において「再入国関連書類提出確認書」の発給を受けるとともに、滞在先の国・地域を出国する前72時間以内に新型コロナウイルス感染症に関する検査を受けた上で、医療機関からの陰性の証明(「出国前検査証明」)を取得する必要があります。

必要な手続・書類等は こちら (外務省ウェブサイト)をご覧ください。

上記に加え、宇都宮大学の留学生の皆さんは、以下の1~4のとおり、大学に対する手続きを行ってください。

1.まず、再入国について、必ず事前に指導教員に連絡し、相談してください。

2.再入国予定日が決まったら、留学生・国際交流センター事務室に、以下の書類をメールで提出してください。

(1)再入国届(再入国届.docx
(2)在留カードの両面写真データ


※重要※
日本への再入国前に、入国の翌日から14日間の待機する場所・移動手段を確保し、宇都宮大学に報告することが必要です。
(電車、バス、タクシーなどの公共交通機関は、使用してはいけません。)


3. 再入国後、到着空港でのPCR検査結果を留学生・国際交流センター事務室に連絡してください。


4.待機期間の14日間について、必ず体温・健康観察表(体温・健康観察表.pdf)を用いて健康観察を行ってください。待機期間が終わったら、速やかに留学生・国際交流センター事務室に提出してください。(※提出後、保健管理センターが確認します。この提出がないと、キャンパスへの入構は認められません。)

【参考】留学生の再入国について.pdf