インフォメーション

インフォメーション

フィリピンから違法に持ち込まれた豚肉製品からのアフリカ豚熱ウイルスの分離事例について

農林水産省より、注意喚起がありましたので、以下のとおりお知らせします。

フィリピンから携帯品として違法に持ち込まれた豚肉製品から、89例目となるアフリカ豚熱ウイルスの遺伝子が検出され、さらに当該製品からは、3例目となる感染性のあるウイルスが分離されました。
このことから、下記の内容について、改めてお知らせします。

1.海外から我が国へ、豚肉、牛肉、鶏肉、卵など(ソーセージ、ジャーキーなどの加工品、肉まん、餃子などの肉を含む食品を含む。)を持ち込むことは、数量の多少や輸送形態(手荷物・携帯品や郵便物)に関わらず法律で禁止されています。決して日本に持ち込まないでください。

2. 違反した場合には、罰則(3年以下の懲役又は300万円以下(法人の場合5,000万円以下)の罰金)の対象となります。

3.みなさんのみではなく、訪日する家族や知人が、肉や卵などを含む食品を日本に決して持ち込まないようよく注意するとともに、郵便物としても日本に送付しないようにしてください。


○関連情報ホームページ
・農林水産省HP アフリカ豚熱(ASF)について
https://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/asf.html
・動物検疫所HP 多言語対応パンフレット等
https://www.maff.go.jp/aqs/languages/info.html
・動物検疫所HP「海外からの肉製品の持込みについて」
(日本語)http://www.maff.go.jp/aqs/tetuzuki/product/aq2.html
(英語)http://www.maff.go.jp/aqs/english/product/import.html
(中国・簡体語)http://www.maff.go.jp/aqs/languages/bring_meat_cn.html
(韓国語)http://www.maff.go.jp/aqs/languages/bring_meat_kr.html
(ベトナム語)http://www.maff.go.jp/aqs/languages/bring_meat_vn.html
(タガログ語)http://www.maff.go.jp/aqs/languages/bring_meat_ph.html
(タイ語)http://www.maff.go.jp/aqs/languages/bring_meat_th.html
(スペイン語)http://www.maff.go.jp/aqs/languages/bring_meat_es.html
(フランス語)http://www.maff.go.jp/aqs/languages/bring_meat_fr.html