交換留学について

交換留学制度とは

交換留学制度とは、宇都宮大学と海外の大学との間で締結された学生交流協定に基づき、1年以内の期間(1学期間または2学期間)、協定締結先大学(協定校)に留学する制度です。留学期間中は在学扱いとなり、宇都宮大学へ授業料を納める代わりに、留学先大学では授業料を徴収されません。留学先大学で取得した単位については帰国後、所定の期間内に必要書類をそろえて所属学部・研究科に申請し、認められれば単位互換を行うことができます。

交換留学と私費留学の違い

留学の種類 交換留学 私費留学
休学について 休学することはできない 休学することができる
留学期間の取り扱い 卒業・修了に必要な在学期間に含めることができる 卒業・修了に必要な在学期間に含めることができない
授業料
留学期間
帰国後の
単位認定
条件により可 ※留学前の事前申請は不要 条件により可 ※留学前の事前申請が必要
留学先での学位取得 原則として不可 条件により可

交換留学に応募するには

交換留学の募集は、通常、年に1回(または2回)行われます。

【第1回募集】
募集開始時期:9月~10月(※募集の日程は変更になる可能性があります。)
留学開始時期:募集翌年の夏以降

【第2回募集(追加募集)】
募集開始時期:12月~翌年1月(※募集の日程は変更になる可能性があります。)
留学開始時期:募集翌年の夏以降
※第1回募集後、有効な推薦可能枠が残っている協定校についてのみ募集を実施します。
※第2回募集については、諸事情により実施されない場合もあります。

例年6月頃に交換留学募集説明会を開催し、交換留学制度の概要・留学先の選び⽅・必要とされる語学⼒・留学に関する奨学金等について、最新の情報を説明しています。
また、例年10月頃に、交換留学フェア(交換留学経験学生による、留学についての座談会)を実施しています。
交換留学に興味のある方は、これらの説明会・イベントにぜひご参加ください。

留学・研修体験報告