宇都宮大学での生活

留学生向け日本語科目について

宇都宮大学では留学生が必要とする日本語レベルに合わせ、日本語や日本文化についてのさまざまな授業を用意しています。

国費留学生予備教育

この科目は専門教育開始前の国費外国人留学生(研究留学生、教員研修留学生)等を対象とした初級レベルの日本語能力を総合的に養成するための授業科目で、授業は集中形式で行います。

日本語・日本文化研修プログラム

文部科学省の留学プログラム「日本語・日本文化研修プログラム」の研修生を対象に自国の大学で、日本語を主専攻としている学生を対象に、日本語能力の向上をはかりながら、自ら決めた研究テーマのもとに日本語や日本文化に関する専門知識を深める1年間の研修プログラムです。

中級日本語短期留学プログラム

このプログラムは宇都宮大学や宇都宮大学の学部と交流協定を結んでいる海外の大学からの留学生を対象とした、6ヵ月〜12ヵ月間の留学プログラムで、このプログラムを通して日本語能力のレベルを上げること、日本社会及び日本文化についての知識を増やすことを目的にしています。

留学生用の施設

宇都宮大学には留学生用の寮【国際交流会館】があり、新規来日または新規入学した留学生が優先的に入居できます。 また、学生寮(男子用:6室、女子用4室)にも入居できます。
そのほか、留学生・国際交流センターには留学生用の国際交流スペースがあり、学生同士の交流、学習、お祈りにご利用いただけます。

留学生のためのイベント

学内外の留学生向けイベント情報は、国際交流スペース前の掲示板に掲示するほか、留学生・国際交流センターのwebサイト、Facebookでもお知らせします。
また、宇都宮大学には、留学生をサポートしてくれる「留学生アドバイザー」という学生の団体があり、年間を通じてさまざまなイベントを企画しています。ぜひ参加してみてください。

留学生ガイドブック

在留に関する各種手続き(アルバイトをしたいとき、家族を呼びたいとき、引っ越ししたときどうすればいいか?など)、大学の手続きのこと、日本での生活のことなどをまとめたガイドブックです。一度目を通してください。

生活相談・サポート

慣れない日本での暮らしには、さまざまなストレスが生じていることでしょう。そんな時には、チューターや留学生・国際交流課の職員まで、気軽に相談しましょう。

Jアラートを活用した緊急情報が発信された際の対応について

現下の国際情勢に鑑み、万が一、ミサイルが発射され、栃木県内への影響が予想される場合には、国から、ミサイル発射情報や屋内避難の呼びかけ等の緊急情報がJアラート(全国瞬時警報システム)により伝達され、その情報が携帯電話・スマートフォンの緊急速報メールや市町の防災行政無線屋外スピーカーを通じて伝達されます。
また、これらの緊急情報にあわせて、テレビ、ラジオの報道情報等にも注意してください。